第68話「ひとりで読めるもん?」